HOME相互リンクうpろだ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

RemoteJoyLite v0.18リリース! 

RemoteJoyLite v0.18があきん堂本舗さんよりリリースされてます。

・このプラグインは、PSPの画面をPCに映し出すことの出来るすばらしいプラグインです。

■更新点(作者サイトより)

・スクリーンセーバー抑制方式を少し変更。
・非同期画像転送モードの追加。
・XMBでUSB接続を選択した時の動作を多少ましにする。

■ダウンロードは以下のリンクより
RemoteJoyLite v0.18
■導入方法

1 ダウンロードしたものを解凍し、中にある RemoteJoyLite.prxをメモリースティックのms0:/seplugins/RemoteJoyLite.prxという感じに配置してください。
そしてプラグインを使いたいところを決めてください。

UMDやISO/CSO起動時でプラグインを使うなら⇒game.txtに、

POPS(PS1ゲーム起動時)でプラグインを使うなら⇒pops.txtに、

XMB(PSPのメニュー画面)でプラグインを使うなら⇒vsh.txtに、

上記の中でプラグインを使いたいところのtxt
ms0:/seplugins/RemoteJoyLite.prx
と書き加えてください。



2 PSPをRボタンを押しながらきどうして、↓の画像ののようにリカバリーメニューを表示させます。そして、Pluginsを選択します。(このメニュー全体では、決定が×ボタンとなります。)
20081031205523.png

すると↓のような画面になります。
20081031205533.png

ここでRemoteJoyLite.prx[VSH]か[GAME]か[POPS]のどれかからさっき決めたtxtの名前と同じものを選択してプラグインを有効(Enabled)にします。

3 PC側のどこでもいいので解凍して出てきた中のlibusb0.dllRemoteJoyLiteを配置します。
そして、PSPをUSB自動接続を切った状態でPCとUSBケーブルで繋ぎます。

すると新しいデバイスがみつかりました。という風にPC側で表示がでます。

後は、USBHostFS v1.5 for WindowsなどのPSPドライバーを使ってPCにPSPを認識させ同時にRemoteJoyLite v0.18を認識させます。

■使い方(作者サイトより)
・ALT+ENTER : フルスクリーン/ウィンドウモード切り替え
・ESC: 設定モード
・F1 : FPS、カラーモード表示
・F3 : 画面転送のON/OFF切り替え
・F4 : ウィンドウタイトルバーの表示ON/OFF
・F9 : 入力マクロの記録開始/終了
・F11: スクリーンキャプチャ
・F12: 動画キャプチャ



 
[ 2008/11/04 23:01 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://5kaito19.blog94.fc2.com/tb.php/127-10661f2e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。